カテゴリー別アーカイブ: CG

顔学習

あっついですね。体が揮発しそうです。週末、外に出られなかった。
本記事はタイマー投稿の実験を兼ねてます。

しかし今夏は映画ラッシュがすごいですね。
まずは、ターミネータージェニシスを公開初日に見てきました!会社帰りの平日ナイターなので、結構すいてた。
う~ん面白かった。自分的にはアリな展開でした。1,2予習しておくと倍は楽しめますね。
リブート作品や、原作付きの映画は、元をなぞるよりも、ガラッと変わるのが好きな方です。
たとえ改悪だとしても、驚きや刺激が得られるので。
しかしターミネーターはネット広告にネタバレが含まれてて、嫌でも見てしまうのが罪深いですね。


最近また、顔の構造の勉強をしておりました。
やっぱりリアルな物の構造を理解してないと、デフォルメしたくても応用が利かないんですよね。
3Dだと、どうしても、ここどうなってるんだっけ?となってしまいます。

顔練習

顔練習

最近はZBrushなどのスカルプターの方々の作品を目にする事が多いですが、
歪み無い構造を見ると凄いなと思います。とんでもない観察と練習量なんだろう。

私は原点に立ち返って、デッサンの本とか読んでました。だいぶ理解が深まった気がする。
トポロジーはこう。まだこれからな感じですが。

顔トポロジー

顔トポロジー

ツールはMODOによるフルスクラッチで、標準のSDSです。1488ポリゴン、ALL□です。軽い。
顔のトポロジーの大まかな流れはこちら(▼)のサイトを何十回も見ました。
英語ですが、図だけでも言いたい事は伝わると思います。非常に有用なページです。

Guide to realistic Head Modeling by Thunder Cloud Studio

ただし、なるべくポリゴン数を抑えるため、細かいところは自己流です。

顔というのは、人間を識別する部位だけあって、
ほんの少しの差異が大きな違和感につながるので、微調整が非常に難しい。

逆に言うと、少し変えれば、別人が作れる訳です。
なので、どこかで気合を入れて、自分用のテンプレートを1つ作っておくのは
大きな意味が有ると考えます。

目、鼻、口、耳、どれも言わずもがな奥深いのですが、口角が意外と難しいんですよね……。
口角だけで2時間ぐらいかかった。

なんか口角がパキっと尖ってしまうなと思ってたら、
下くちびるの両端というのは、先端に比べてあまり突起していないのに初めて気付いた。
自分で触ってみると分かります。
分かりにくいですね。具体的にはこういう事が言いたいです(▼)。

口角

口角

モデリングだけでも海のように深いのですが、
このあとの質感作成がまた難しいです。引き続き訓練したいと思います。

MODO901触ってみました

御無沙汰です。月記になってしまいました。先月から先週までグロいぐらい忙しかったです。
P4Dの発売日ですね。買おうかな?買っても遊べないだろうな。


3DCGソフトMODOの最新版(901)がリリースになったのですが、最近やっと触り始めました。
今回のアップデートで、個人的に嬉しいのは以下。

  1. ベクターグラフィックステクスチャ
  2. スクリプト機能の強化
  3. UV機能の強化
  4. モデリング機能の追加(Radial Alignなど)

最大の売りであるMeshFusionは、触って遊ぶのは面白そうですが、
モデリングの概念自体が新しいので、それなりに学習コストが掛かるのと、
私の場合はあまりワンメッシュにこだわらない使い方しかしないので、
当分はメインで使う事は無いかな…という感じです。


さて、今回は1.と2.についてちょっと触れておきます。
※バージョンは、901のプレリリース版です。

1.ベクターグラフィックステクスチャ

テクスチャに、ベクター画像(SVG)がサポートされました。
今回は、作り途中のシャルに実験台になってもらおう。
ベジェの練習で昔作ったジャミロクワイのマスコット?を引っ張り出してきました。

SVGテクスチャ

SVGテクスチャ

いいですね~~解像度の縛りから解放されました。
今のところ、ディスプレースメントとして使っても歪みなし。
特に絵作りがMODOで完結する場合は、かなり強力ですね。メインで使っていこう。

なお、アンチエイリアスをOFFにすると、レンダリングが非常に重くなります。

脱線しますがジャミロクワイのマスコットキャラはバッファローマンというらしいですね。
日本だと別のバッファローマンが有名なので、別の名前(メディシンマン)になってるみたいです。

2.スクリプト機能の強化

スクリプト編集ルーム(▼)が出来ました!
イベントログやコマンド履歴が統合されて、コマンドの引用や確認がしやすくなってます。

スクリプト用インターフェイスの実装

効率は確実に上がりますね。オゥサム!…………と言いたい所ですが、
現段階では、エディタ部分の機能がまだ少ないので、
これだけでコーディングするにはちょっと苦しい気がします。検索機能も無いように見える。
今後に期待です。インテリセンスも欲しいな~無理かな

ちなみにpythonバージョンは2.7.3(801と変わらず)。
※以下コマンドで確認できます。

そしてPySide(PyQt)がWindows/Macでサポートになりました。
PySideとは、簡単に言うと、PythonスクリプトでGUIを構築する仕組みです。Qtがベースになってます。

これ欲しかったんですよね。

というのは、「編み込み生成スクリプト(Easy Braid)にGUIキットを付けてほしい」という
要望を頂いてたのですが、ちょっと足踏み状態だったのです。
躊躇してた理由は、なるべく少ないスクリプト(理想は1ファイル)に閉じ、
「スクリプトの実行」だけで使えるようにしたいと思っていたからです。

複数のファイルをセットで用意する方式だと、まず単純にインストールの手間がかかる。
加えて環境が変わったりすると、その都度、微妙にインストール方法が違うたくさんのキットを
入れなおさなくてはいけない、となると、ユーザーに負担をかけるだろうという判断です。

しかしPySideならば、「スクリプトの実行」だけでリッチなGUIが組めます。
ためしに組んでみたところ…

PySideお試し

PySideお試し

付属のスクリプトエディタからは実行出来ました!
…しかし、スクリプトファイル(*.py)として実行するとフリーズします(ヘコー!)。
何が悪いのかはよく分からないですが、このままだと意味ない…。

以下の公式サンプル(“Button Groups”)でも同じ結果になりました。
http://modo.sdk.thefoundry.co.uk/wiki/CustomView#Python_Script_Editor

う~ん、もっと触ってみようと思います。

150323

今週は、あっちこっち飛び回って疲れました。
健康には気づかってきたつもりですが、やっぱり体力落ちてますね。
来月は人間ドックです。


続・ノーダルシェーディングの研究。
透明マントを作ってみました。絵作りの選択肢としてはアリかと思いました。
どうでしょーうか。

MODO901が出るまでに、もっと理解を深めたいと思います。


■最近見た映画
 ・フューリー
 ・舞妓はレディ
 ・めぐり逢わせのお弁当
 ・ガンダム THE ORIGIN

ではまた。

近況など

お久しぶりになってしまいました。
しかし寒すぎますね。朝、寒くて目が覚めるので、早起きにはちょうど良いです。


本とか電気スタンドとかモデリングしてたので、組み合わせてみました。

本など

本など

電気スタンドは、pixarのロゴでお馴染みのアングルポイズ風。簡単なIKの練習にはちょうど良いですね。
本の造形にもいろいろあって奥深いです。


ところで、去年末に作った三つ編み生成スクリプトですが、
有りがたい事に、MODOの公式ページでご紹介頂きました。

http://modogroup.jp/blog/2015/02/06/script-braid/

もともと、自分と共同作業者用にこしらえたものなので、少々クセが有るかなと思ったのですが、
結構使って頂けているようで嬉しいです。もちろん、私も使ってます。
これからも、使えそうなものはシェアしていきたいと思います。


ペルソナ5のPV出ましたね~楽しみです!
かっこよすぎますね。ついついリピートしてしまう中毒性が有る。
目指せ1000万再生ということでシェアします。

しかし怪盗とは予想外でした。去年のティーザー映像からは全く想像できなかった。
怪盗というとルパンの次にキャッツアイを思い出してしまう世代です。
続いてジャンヌやセイントテールも思い出します。

ライバル刑事や探偵も是非出してほしい。
七つの大罪とか、アーサー王っぽいワードが見え隠れしてるのも楽しみです。

ここ数年、据え置きのゲームをほとんどやっていないのですが、これはやらねば。
pixivでペルソナ5でサーチしてみたら、さっそく結果が情熱で真っ赤でした。

ところで、twitterを始めてみたものの、案の定、見る専になっちゃってますね。
もうちょっと活用していきたいと思います。

ではまた。

2014年

今年もあと6時間余りになりました。
閲覧くださった方は有難うございます。

あっという間でしたが、色々と身に着いたと実感した年でもあります。
年齢的に、能力的なピークは過ぎつつあるのを実感しておりますが。
知的好奇心は間違いなく増大してますね。体壊さない程度に頑張りたいと思います。


少しお知らせですが、[DOWNLOAD]のページを設けました。

特にMODOや、Unityについては、前々から国内外、
いろんな方のチュートリアルを参考にさせてもらってました。

恩返しというわけではないのですが、自分も、何かしら貢献したいとずっと思っていたのです。
が、私はまだ独自のチュートリアルを公開できるほどのスキルも無く、
かといって、MODOのマテリアルのような、アーティスティックな領域に踏み込めるほど、
アートの感覚も無いです。

そんな中で、今でも一つだけ貢献できることがありました。それは「スクリプト」です。
よ~く考えたら、私は本業がITなのでした。

誰しも、「面倒くさいけど、手動で同じことを繰り返し行っている」という作業が有ると思います。
そういったものを、バッチやスクリプトで自動化し、より本質的な事に時間を割けるようにする、
というのは、プログラマーはいつも考えていることなんですね。
(厳密には、私はプログラマーではないですが)

こないだのホリデーイメージコンテストの時に、幾つかスクリプトを作ったのですが、
多くのゴミスクリプトの中で、「コイル」と「三つ編み」のカーブを生成するものだけは、
かろうじて使えるかなと思い、シェアしました。
(既に似たようなのが有ったら、すみません。)

MODOユーザーの方が、円柱プリミティブを三角ポリゴンに分割して、カーブを抽出し、
1分かけてバネを作っているとしたら、それを1秒に出来るはずです。
浮いた1分を、よりクリエィティブな事に使っていただければ幸いです。


前回作ったベイマックス、せっかくなのでリグ仕込んで動かせるようにしている所です。
どうなるかはお楽しみにという事で。

他にも話題が有りますが、長くなりそうなので、今回はこの辺で。
良いお年をお迎えください。