日別アーカイブ: 2016年5月7日

映画の話 – ズートピア

ゴールデンウィークも終わりです。
ペルソナ5発売日決まりましたね。楽しみだ。さっそく予約しましたが、9月か…遊べるかな。
真女神転生4Fが超傑作なので、まだまだ遊んでます。

映画はズートピア見てきました。
映像については、言わずもがななので触れませんが、驚かされるのは脚本です
シュガーラッシュや、ティンカーベルで「どんな仕事にも価値が有る事」を述べたように
今回は「差別社会への反省」や、「多様性の受容」、などが教訓的テーマとなっています。

が、これだけの難しいテーマを、子供にも分かるように構成する
プレゼンテーションのレベルに驚かされます。
差別社会を描くなら、人間を動物に置き換えれば、確かに毒は抜けますが、
それを差し引いても素晴らしい脚本だったと思います。

ただ、「子供にも分かる」とは述べましたが、暴力表現が有るので、少々大人向けですね。

これまでに見た中で、差別社会を描いた映画では、
「クラッシュ」の構成や演出も素晴らしいと思いますが、こちらは少々難解で、やはり暗めです。
明るい映画ならズートピア、暗い映画ならクラッシュをお奨めしたいです。

次回は短編RPG制作の話に続きます。