カテゴリー別アーカイブ: ゲーム

短編RPG制作 – その6 システム – なぜ単純にするのか

「いけにえと雪のセツナ」遊んでみました。
「刹那」「久遠」といったキーワードから、私の好きな仏教的時間観、無常感が味わえるかも?
と、少し期待していたのですが、そういう話ではありませんでした。
が、普通のRPGとしては楽しめました。同じチームの作品が出たら、次も買いたいです。

ただ、ずっと雪景色が続くのですが、ストーリーやシステムに、もっと雪国である必然性が有れば、
「どこまで行っても変わり映えしない」という印象が拭え、説得力を増したように思います。


ところで、セツナを遊んでいて気付いたのですが、
ウディタの基本システムに、数値入力ボックスが備わっていないので、自作してみました。
よくあるこんな感じの、数値を増減するUI部品です。

なんちゃって数値ボックス

なんちゃって数値ボックス

車輪の再発明になってるかも知れませんが、勉強も兼ねてるので、良しとします。

この数値ボックス、RPGではお馴染みですが、
手元にあるセツナと、真女神転生4Fとでは、仕様が違ってて面白いと思いました。
(上限値をオーバーしようとすると、前者は上限で止まりました。後者はループするようになってました。)


承前
さて、だいたい準備が終わり、自作システム作りに行きたいですが、
その前に、今回なぜ「単純化」にこだわっているのか?を
もう少し掘り下げてみたいと思います。

■理由1:ユーザーが考える事が少なくて済み、分かり易いから。

もちろん、これが一番の理由ですが、他にも理由が有ります。

■理由2:現実世界との親和性を高めるため。

ソフトウェアにおいてユーザーに「何を見せるか」というのは極めて重要ですが、
言い換えると「何を隠すか」も重要という事になります。

テレビのリモコンに電圧調整が付いていても困ってしまうのと同じで、
ユーザーにとって難度が高すぎる、もしくは滅多に触らない機能が、
いつも見えるところに有ると、一気に敷居が上がってしまいます。

とはいえ、この抽象と具象のバランスというのは大変難しく、
ユーザーによって優しい仕様と、実装者にとって優しい仕様が、
トレードオフになる事がよく有るんですね。

「仕様の単純化=作り易い」という事ではなく、むしろ難しい場合の方が多いと思っております。

私もいつも悩んでいます。で、今回は、私自身の訓練も兼ね、
徹底的にユーザー(ゲームならプレイヤー)に優しい仕様を考えたいと思っております。
今回の短編RPGでは、

「映画や小説に置き換えても、違和感のない言葉を使う」

というのを心掛けています。
例えば、ある映画で、怪物と対峙して

「こいつは防御力が高すぎる、ここは一旦引くべきだ」

という台詞が有ったとします。
これを

「こいつは精神防御力が高すぎる、物理で攻撃すべきだ」

…のように、いかにも特定層向けの言葉が出てきたら、
一気に敷居が上がってしまうでしょう。
こういった傾向をなるべく抑えていきたいという事です。

■理由3:システムとストーリーの親和性を高めるため。

直感的である事には、単に分かり易いという以外にも、
メリットが有ります。

例えば、「精神が強くないと突破できないイベント」等、
戦闘以外の、ドラマ部分にも応用が利きやすくなるはずです。

もし、「精神」が「精神防御力」に置き換わったとしたら、
ドラマとしてはピンときませんよね。

個人的に、古くはFF7のマテリア、サガフロ2のアニマのような、
システムとストーリーが融和したゲームが好きです。

今回は、こういった直感性を目指している次第です。
あくまで「今回は」なので、次回が有れば、
もっとヘビーユーザー向けのものも考えるかもしれません。

ではまた。
次から、いよいよ独自システムに入っていきたいと思います。

マグリット展など

ま~たお久しぶりになってしまいました。
しばらく忙殺されており、休日にまとまった時間が取れなかったのですが、
今月末ぐらいから少しずつ取れるようになるかな。

P5(1)

P5(1)

GW中、マグリット展に行ったので、マグリットっぽいのを描こうと思ってたのですが、
ペルソナ5のキャラクターの練習がしたかったので、2つ合体させました。合理的だ(嘘)
この娘(名前わかんないけど)可愛いですよね。発売に向けて他にもいろいろ練習したいと思います!

マグリット展、感動しました。ついに「光の帝国」を生で見ることが出来ました!
年代別に時系列になってて、構成も良かったですね。広告イラストレーションとかも見られて眼福でした。

私がシュールレアリスムに魅力を感じるようになったのは30歳を過ぎてからなのですが、
その位の年で、ようやく、印象という物を楽しむ事が出来るようになった気がします。
直接的な感覚というのは、若い方が冴えていそうなもんですけどね。不思議です。

ところで、六本木に行ったの、20年ぶりぐらいだ。


明日のお昼に、MODO901(3DCGソフト)の2回目のお披露目ライブが有るようですが、
残念、私はその時刻は会社で修羅場です。。帰宅してからまとめて観たいと思います。

個人的には、UV機能強化と、スクリプト関連を楽しみにしております。
今回も色々遊びたいと思います。


最近見た映画
 ■セッション(Whiplash)
  ゼログラビティばりに脳内ホルモンが出まくる映画でした。
  気づいたら椅子にしがみついてた。見るなら体力のある時に、断然、劇場がおすすめです。
  エンディングの意味も考え応えの有るもので、結構余韻が有りました。
  帰って復習して、ジャズについて知識が深まった気がする。