カテゴリー別アーカイブ: 映画

屋内カットシーン、映画の話

少々間が開いてしまいました。週1回は更新したいと思っているのですが。


前々から勉強しなきゃと思っていたのですが、最近は、屋内シーンの勉強をしておりました。
というわけで、ゲーム用アセットとして作成中の、教室シーンから抜粋。
classroom

classroom


一応、日本の学校教室のつもり…。

詳しく説明すると非常に長くなってしまうので端折りますが、
屋内のシーンのレンダリングは、そうそう簡単ではなく、
行き当たりばったりでやってると、ノイズだらけになってしまうのですね。

CGでの間接光の性質について、ある程度、体系的に勉強する必要がありますが、
これが非常に奥深く、きちんと仕上げるにには、多くの試行錯誤と、経験が必要になります。

というわけで、映画やCGアニメなどで屋内シーンが出てきたら、
達人たちの試行錯誤の結晶だと思って、じっくり見るようにしたい。


最近見た映画:
 ■最強のふたり(公式サイト
  前々から気になっていたのですが、ようやく見ることが出来ました。
  実話を基にした、新しい形の友情物語で、
  「笑いあり、涙あり」というのを、ここまで体現した映画は初めて見ました。
  笑いも涙も超一流で、本当に素晴らしかったです。
  音楽演出(クラシックとディスコミュージックの使い方)も大変効果的で、
  何回でも見たい映画です。
  日本公開されたフランス映画で「アメリ」を超えて1位になったとの事ですが、
  これなら納得いきますね。
  是非とも多くの方に見て頂きたいです。
  しかし、このドリス青年は、お笑いでも食べていけるんじゃないだろうか。

  iTunesのオンデマンドでレンタルしましたが、セル版が出たら、是非購入したいです。


最近、動画も勉強してまして、PVも幾つも見ているのですが
ビョークの”All is Full of Love”のPVはいつ見ても素晴らしいです。
こんな技術と発想があったら、人生楽しいだろうなと思います。

クリス・カニンガム監督は、デビッドフィンチャー(「セブン」の)に師事していたとの事。納得ですね。
更に驚きなのは、これが1999年の作品だという事ですね。新作だと言っても信じてしまいます。

それでは。
次回はもっと早く更新したいです。

雑記など

Baloons

Baloons

レプリケータの実験に風船。色々試行錯誤中です。ちょっと前にも作りましたね。


年内最後の連休、いかがお過ごしでしょうか?
私は(遅いですが)年賀状作成などに勤しんでおります。
会社の仲間、大学の同僚、ゲーム開発の協力者の皆さんと、
宛先によって多少のバリエーションを考えております。

去年引っ越したので、新住所をお伝えしたい方がいるのですが、まだ出来ておりませんね…。
どうしようか。

【最近見た映画】
 ・俺はまだ本気だしてないだけ
 ・モンスターvsエイリアン
 ・チャイルド・プレイ 誕生の秘密
  最後のチャイルドプレイはビデオスルー作品との事ですが、面白かったです。
  1からのファンには嬉しかったですが、過去作品(1~5)のおさらいが必要ですね。
  見ていない場合は、あらすじだけでも押さえておかないと、苦しいかも。

しかし、オンデマンドって便利過ぎますね。週末は恒例になっちゃいました。

あと、劇場で見たシュガーラッシュを、もう1回見てみました。
1回目は映像・演出に目を奪われましたが、2回目は、脚本の虜になってしまいました。
実はかなり早く、目まぐるしく展開するストーリーを、ここまで分かり易くする脚本・構成はさすがです。

さらに、メッセージ(作品テーマ)の伝え方も、共感をいざなう物で、最高級だと思いました。

同じディズニーの「ティンカーベル」でも扱われていましたが、今作でも
「裏方の仕事でも、必ず役割があり、誰かの支えになっているんだよ」
というメッセージは、私のようにBtoB業界で、成果物が表に現れにくい仕事を
している人間にとっては、ぐっと来るものがあります。

大人でも子供でも楽しめるというのは、こういう事だと思いました。

なぜこんな話をしたかというと…あまりここでは話題にしませんでしたが、
ちょうど今、スマホ向けのゲーム作成中なのですが、
ストーリーというものの位置づけに、かなり悩んだからです。

ライトユーザー向けなので、ストーリー等は、簡素で短く、親しみやすい題材にしていますが、
前述のディズニーの素晴らしい所は大いに見習って、なるべく奥行きのあるものに仕上げたいと思います。

来年は、ゲーム開発についての話題も増やしていこうと思っています。

いわゆる、ねこアプリに近い物なので、猫に結構詳しくなってしまった。
今さらですが、猫可愛すぎますよね。