カテゴリー別アーカイブ: ウディタ

短編RPG制作 – その2 ゲーム概要

承前
さて、少しずつでも書いていこうと思います。
過去のエター経験から、あまり大風呂敷を広げないという事も重要と学びました。
というわけで、以下を目標とします。

■プレイ時間:

 3~4時間

■パーティ人数:

 1~2人
  プレイ時間から考えると、あまり沢山は管理できないだろうという見積です。
  その分、密度を濃くしていきたい。
  しかし、市販RPGで、2人パーティってあんまりないですね。
  バランス調整が難しいのか、物足りないからか。
  2人でも、たぶん破綻はしないはず(システム次第)と思う。

■マップ数:

 未定ですが、町や村などは沢山置かず、1か所を拠点にするタイプにしたいと思います。
 NPCが沢山いると、フラグなどの管理が大変そうだから。
 ダンジョン数は考え中。

■システム:

 ウディタの更なる深い理解も兼ね、基本システムを改造した、
 ドラクエ式システムにオリジナル要素を加えたものにしたいと思います。
 ノンフィールドRPGやローグライク、アクションRPGにも惹かれるのですが、またいつか。

■その他:

 ストーリーやキャラクター等は、白紙です。
 下地(システム)が出来たら、それにマッチするものを追い追い考えていきたいです。

 お絵描きしたいのは山々ですが、どんなに優れた映像も、ゲームとして退屈だと台無しになるので、
 プレイフィールであったり、インプットに対するアウトプットの面白さを最優先させたいと思います。
 という事で、システムが最優先。


さて、パーティ人数を1~2人に決めただけでも、出来る事は有るものです。
たとえば、メニュー画面。
基本システムでは最大6人パーティが前提のため、
メンバ数が2人の時は、下に大きく隙間が空きます。

基本システムのメニュー

基本システムのメニュー

これに対し、パーティ数が最大1~2人であれば、
1人当たりのステータス表示を大きく出来るので、そのぶん「攻撃力」など情報量も増やせます。

自作メニュー(1人の場合)

自作メニュー(1人の場合)

自作メニュー(2人の場合)

自作メニュー(2人の場合)

これにより、「装備」画面を開く事無く、ステータスを確認出来ます。
たった1手順の節約ですが、こういったUI設計で、
目的の情報に到達するまでの「手順数」は大変重要です。
これについては深~いので、また別途書きたいと思います。

ちなみに、キャラクターは仮置きです。最終的には別物になります。
が、当分の間世話になるでしょうので、期待を込め、仮置きボーイ/仮置きガールの
称号を与えておきます。

ではまた。

短編RPG制作 – その1 はじめに

もう春ですね。
最近、家ではウディタ(Wolf RPG Editor)をいじってました。

160321

これまでRPGツクールのようなツールを触った事が無かったのですが、
フリーゲームで面白いのが沢山あるので、自分もやってみたいと思ったのが始まりです。

他のエンジンでなく、ウディタを選んだのは、無料なのと、
実行ファイル(ゲーム/エディタともに)がコンパクトだからです。
インストール不要で、提供も楽なのは大きいです。

しかし、触っているだけでも楽しいですね。
私にとってはウディタ自体が壮大なRPGです。

正直、扱いはかなり難しいですが、クセみたいなのが分かってくると、どんどん進むようになります。
こんな面白いツールに今まで着目しなかった、自分のアンテナの低さがうらめしいです。

で、成果物は?というと、10分ぐらいの超短編は出来ました。
(…とても公開できる物ではないので一人で楽しんでます)

「基本システム」という、ベーシックなRPGなら比較的簡単に出来るシステムが提供されているので、
こちらのサイトを参考にさせていただき、全体の流れをつかむ事は出来ました。


で、次は3~4時間ぐらいの規模の短編を目指しています。
今回の記事から、開発日誌という事にしたいです。

さらに、ゲームシステムも一歩踏み込んで、オリジナルにしています。

とはいえ、一から作るには、まだノウハウが足りていないため、基本システムを改造したものにします。
制作にあたり、ひとつだけ心に決めているのは、

「単純化する事」

です。

新しいシステムを追加するにしても、複雑化する方向にはしないという事です。
また、使わないものは積極的に削除します。

SFCの頃のRPGのような、単純なインターフェースで
ゲーム部分に集中出来るものを目指したいと思います。

ちなみに、私はゲームプログラミングに関しては素人なのですが、
幸か不幸か、IT業界歴がそれなりに長いです。

職種は、厳密にはプログラマーではないのですが、
「コスト削減」「生産性」「効率化」「品質」等々については、
日々厳しく求められる環境にいます。

その地の利(?)を生かし、ゲームに限らず、ソフトウェア開発の観点から、
ユーザビリティや、開発プロセスの効率化などに着目した記事も書いていきたいと思います。

ではまた。